WindowsのKeePassでパスワードを入力するときに日本語入力をOFFにする

KeePassとは

KeePassは無料で使えるパスワード管理ソフトです。

メールやFacebook、Amazon、その他Webサイトで同じパスワードを使い回していると、一つのサービスでパスワードが漏洩したとき、他のすべてのサービスのアカウントも危険にさらされます。

とはいえ、サービスごとに異なるパスワードを使い分けると、たくさんのパスワードを管理するのが大変になります。

そこで、パスワード管理ソフトの出番です。

パスワード管理ソフトは有名なものがいくつかありますが、比較した結果、KeePassを使うことにしました。

KeePassはオープンソースで開発されているので、無料で使用でき、Windows/macOS/Android/iOSでも使用できます。

WindowsのKeePassでパスワードを入力するときに日本語入力をOFFにする

しばらくの間、KeePassを使っていて気になったところがありました。

KeePassには、入力欄に自動で入力する機能があります。
日本語入力がONになった状態で自動入力機能を実行すると、日本語入力がONのまま、ひらがなでユーザー名やパスワードを入力してしまいます。

そこで、KeePassの自動入力を行うときに、日本語入力をOFFにする方法を調べました。

日本語入力は、変換キーでON、無変換キーでOFFにするように設定しています。

KeePassの自動入力実行時に、無変換キーを押すことができれば解決です。

KeePassでは無変換キーは「{VKEY 29}」になります。
「{VKEY 29}」をユーザー名の前に追加すれば、入力前に日本語入力をOFFにできます。

設定方法は次のようになります。

KeePassを起動したら、フォルダーを右クリックして、「グループを編集」を選択します。

「自動入力」タブを選択します。

「標準の手順を上書き」をチェックして、次のように入力します。

{VKEY 29}{USERNAME}{TAB}{PASSWORD}{ENTER}

「OK」ボタンを押して、設定を反映します。

以上で完了です。

参考

次のページを参考にしました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です