TypeScriptの–strictNullChecksでnullやundefinedの代入をチェックする

TypeScriptでは、すべての型の変数にnullやundefinedを代入できます。

let str: string = "Hello";
str = null; // OK
str = undefined; // OK

strictNullChecksモードを有効にすると、nullとundefinedはそれぞれの型とvoid以外の変数に代入できなくなります。

strictNullChecksモードを有効にします。

tsc index.ts --strictNullChecks

今度はstring型の変数にnullやundefinedを代入すると、エラーになります。

let str: string = "Hello";
str = null; // error TS2322: Type 'null' is not assignable to type 'string'.
str = undefined; // error TS2322: Type 'undefined' is not assignable to type 'string'.

strictNullChecksモードを有効にすることで、nullやundefinedによるエラーを減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です