「Ctrl2cap」でWindows 10でCaps LockキーをCtrlキーに変換する

キーボードの押しやすい位置にあってキーも大きいのに全然使うことのないCaps Lockキーを、 よく使うにもかかわらずキーボードの端っこの押しにくい位置にあってなぜか小さいCtrlキーに変換してくれる 「Ctrl2cap」というアプリをWindows 10にインストールしました。

インストール方法は、ファイルをダウンロードしたら、コマンドプロンプトを管理者モードで実行して、次のコマンドを実行します。

ctrl2cap /install

アンインストールは次のコマンドを実行します。

ctrl2cap /uninstall

このソフトをインストールすると、Caps LockキーはCtrlキーになりますが、元のCtrlキーはCtrlキーのまま使用可能です。

インストール後は不具合もなく安定して使用できています。

類似のソフトは他にあると思いますが、 配布元がtechnet.microsoft.comなので信頼感があること、 導入が簡単なことからこのソフトを選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です