入力欄(TEdit)に入力された値をOnValidateイベントやOnValidatingイベントで検証する

Delphi Firemonkeyアプリケーションでは、TEditのOnValidatingイベントやOnValidateイベントで、入力された値を検証し、修正することができます。
引数のTextを変更することで、入力されている値を変更できます。
OnValidatingイベントやOnValidateイベントはDelphi XE7以降で使用できます。

TEditに入力されるとOnValidatingイベントが発生します。

procedure TForm1.Edit1Validating(Sender: TObject; var Text: string);
begin
  //入力された値から「abc」を削除する
  Text := Text.Replace('abc', '', [rfReplaceAll]);
end;

TEditからフォーカスが離れるとOnValidateイベントが発生します。

procedure TForm1.Edit1Validate(Sender: TObject; var Text: string);
begin
  //入力された値が「.com」で終わっていない時は「.com」を追加する
  if not Text.EndsWith('.com') then
    Text := Text + '.com';
end;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です