C++Builder XE8でExcelを起動してファイルを開く

C++Builder XE8でExcelを起動してファイルを開くコードです。

UnicodeString FileName = L"C:\\tmp\\Book1.xlsx";
Variant Excel = Variant::CreateObject("Excel.Application");
Excel.OlePropertySet("Visible", true);
Variant Workbooks = Excel.OlePropertyGet("Workbooks");
Variant Workbook = Workbooks.OleFunction("Open", WideString(FileName));

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です