RAD Studio XE6 FireMonkey Accessibility PackでFireMonkeyアプリケーションをMSAA(Microsoft Active Accessibility)やOS X アクセシビリティ プロトコルに対応する

RAD Studio XE6 FireMonkey Accessibility Packを使うと、FireMonkeyアプリケーションをMSAA(Microsoft Active Accessibility)OS X アクセシビリティ プロトコルに対応することができます。

導入

  1. RAD Studio XE6 FireMonkey Accessibility Packをダウンロードして、展開します。
  2. 展開したファイルを C:\Program Files (x86)\Embarcadero\RAD Studio\14.0\ にコピーします。

実装

フォームを TForm ではなく TAccForm から派生させます。

TAccForm により、使用する画面リーダーソフトウェアがコントロールのテキストや状態を適切に読み取ることができるようになります。

uses
  System.SysUtils, System.Types, System.UITypes, System.Rtti,
  System.Classes, System.Variants, FMX.Types, FMX.Controls, FMX.Forms,
  FMX.Dialogs, FMX.StdCtrls, FMX.ScreenReaderCommon
  {$IFDEF MACOS}
  , FMX.ScreenReader.Mac
  {$ELSE}
  , FMX.ScreenReader.Win
  {$ENDIF}
  ;

type
  TForm1 = class(TAccForm)
    procedure FormCreate(Sender: TObject);
  private
    { private 宣言 }
  public
    { public 宣言 }
  end;

詳細はRAD Studio XE6 FireMonkey Accessibility Packに同封のドキュメントをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です