PHP開発にWebMatrix2をためしてみた簡単な感想

PHP開発にWebMatrix2をためしてみた簡単な感想

優れていると感じたところ

  • インストールが簡単。導入で困ることがない。
    PHPやMySQLなど必要なプログラムは、自動的にダウンロードしてインストールしてくれる。

  • プロジェクトごとにPHP5.3とPHP5.4のどちらのバージョンを使用するか選択できる。

  • ExtensionsでGit・ZenCoding・TypeScriptが使える。

  • エディタの入力補完は軽快で使いやすい。

物足りないと感じたところ

  • ブレークポイントを設定することができない。

  • YAMLファイルのハイライトが未対応だった。
    最近は設定ファイルにYAMLファイルが使われることが多いので、対応していると助かる。

  • WebサーバーがIIS。
    定番のWebサーバーApacheが使えない。
    PHPの入門書やフレームワークはApacheを前提としていることが多いと思うので、ちょっと心配。

まとめ

とにかく導入が簡単。

PHPの統合開発環境として人気のあるNetBeansやEclipseは、PHPやWebサーバーを別途インストールして、開発環境に使用するPHPの場所を設定する必要がある。
WebMatrix2ではそのような導入作業は不要で、設定ミスなどのトラブルも発生しない。

統合開発環境の導入・設定に時間をかけたくない人にはお勧め。

ちょっとPHPをいじってみるときには、とても便利だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です