Delphi/C++Builderでアプリケーションのデフォルトフォントを設定する

Delphi 2009 handbook―Delphi最新プログラミングエッセンス』を読み返していたら、アプリケーションのデフォルトフォントを設定する方法を発見しました。

Delphi 2009からApplication.DefaultFontでアプリケーションのデフォルトフォントを設定することができます。

Application.DefaultFontの値を変更すると、ParentFontプロパティがtrueに設定されてているフォームと、そのフォームのコンポーネントのフォントがDefaultFontで設定したフォントに変更されます。

サンプルプログラムで動作を確認してみました。

フォームのParentFontプロパティの値をtrueに変更します。

ボタンを押すとフォント選択ダイアログを表示します。
選択されたフォントをデフォルトフォントに設定します。

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  FontDialog1.Font := Application.DefaultFont;
  if FontDialog1.Execute() then
    Application.DefaultFont := FontDialog1.Font;
end;

実行します。

フォントを変更します。

そうすると、フォーム上のコンポーネントのフォントが変更されました。
TMainMenuコンポーネントにはParentFontプロパティがないので、フォントが変更されないようです。

メインフォームだけではなく、すべてのフォームのフォントが変更されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です