Google App Engine用フレームワークKayでfeed配信する方法

GoogleAppEngine用フレームワークKayでfeed配信する方法を紹介します。

Kayでfeed配信を行うには、werkzeug.contrib.atom.AtomFeedを使用します。

werkzeug.contrib.atom.AtomFeedの詳しい使い方は「Werkzeug Documentation」をご覧ください。

Kayでfeed配信を行う例

myapp/urls.py

view_groups = [
    ViewGroup(
        Rule('/', endpoint='index', view='myapp.views.index'),
        Rule('/feed', endpoint='feed', view='myapp.views.feed'),
    )
]

myapp/views.py

from werkzeug.contrib.atom import AtomFeed
import datetime

def feed(request):
    feed = AtomFeed(title=u'山本隆の開発日誌',
                    feed_url=request.url,
                    url=request.host_url,
                    subtitle=u'自作のソフトウェアやプログラミング全般についての話題')
    feed.add(title=u'Kay 0.10.0 RC1でユニットテストを行う方法',
             content=u'Google App Engine用フレームワーク Kay のバージョン 0.10.0 RC1が公開されています。[...]',
             content_type='html',
             author=u'山本隆',
             url='http://www.gesource.jp/weblog/?p=3419,',
             id='http://www.gesource.jp/weblog/?p=3419',
             updated=datetime.datetime(2010, 5, 25, 0, 9),
             published=datetime.datetime(2010, 5, 25, 0, 9, 0)
             )
    feed.add(title=u'precompileでGoogle App Engineのspin upが約2.5倍速くなる',
             content=u'precompileでGoogle App Engineのspin upが約2.5倍速くなるようです。[...]',
             content_type='html',
             author=u'山本隆',
             url='http://www.gesource.jp/weblog/?p=3414,',
             id='http://www.gesource.jp/weblog/?p=3414',
             updated=datetime.datetime(2010, 5, 24, 15, 6),
             published=datetime.datetime(2010, 5, 24, 15, 6, 0)
             )
    return feed.get_response()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です