「Ctrl2cap」でWindows 10でCaps LockキーをCtrlキーに変換する

キーボードの押しやすい位置にあってキーも大きいのに全然使うことのないCaps Lockキーを、 よく使うにもかかわらずキーボードの端っこの押しにくい位置にあってなぜか小さいCtrlキーに変換してくれる 「Ctrl2cap …

Continue reading ‘「Ctrl2cap」でWindows 10でCaps LockキーをCtrlキーに変換する’ »

Java2OPで「Generic Type not defined」のエラーが発生したら

Java2OPで「Generic Type not defined」のエラーが発生したら、JDK 1.8を使っていたらJDK 1.7を使用する。 JDK 1.7はこちらのページからダウンロードできる。 Java Arch …

Continue reading ‘Java2OPで「Generic Type not defined」のエラーが発生したら’ »

Google Mapの地図の画像を取得するには

Google Static Maps APIを使用すると、地図の画像を取得することができます。 Google Static Maps API URL URLは次のようになります。 取得したい情報をパラメータで指定します。 …

Continue reading ‘Google Mapの地図の画像を取得するには’ »

Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションでToastを使う

Delphi 10 SeattleではAndroidのToastクラスがAndroidapi.JNI.Widgetユニットに定義されています。 ToastはJavaのUIスレッドで実行する必要があります。 FMX.Hel …

Continue reading ‘Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションでToastを使う’ »

近くにあるスマートフォンと接続・送受信するNearby API

Google Play サービス 7.8からNearby APIが追加されました。 このNearby APIを使うと、物理的に近くのデバイスとやりとりができます。 Google Play サービスとは Nearby AP …

Continue reading ‘近くにあるスマートフォンと接続・送受信するNearby API’ »

Androidで顔検出APIが使えるようになった

Gppgle Play サービス 7.8から、Face APIを利用できるようになりました。 画像やカメラの映像から人の顔を検出ことができます。 Google Play サービスとは 顔検出を行うにはOpenCVのライブ …

Continue reading ‘Androidで顔検出APIが使えるようになった’ »

Androidでバーコード検出APIが使えるようになった。

Gppgle Play サービス 7.8から、バーコード検出機能を利用できるようになりました。 以下の種類のバーコードに対応しています。 1D barcodes: EAN-13, EAN-8, UPC-A, UPC-E, Code-39, Code-93, Code-128, ITF, Codabar 2D barcodes: QR Code, Data Matrix, PDF-417, Aztec バーコード検出APIを使ったサンプルはGitHubで公開されています。

Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションで、パラメータをつけてServiceを起動する

Delphi 10 SeattleからAndroidアプリケーションでServiceを作成できるようになりました。 Serviceは「TLocalServiceConnection.StartService(サービス名) …

Continue reading ‘Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションで、パラメータをつけてServiceを起動する’ »