Windows用のUnixライクなコマンドラインシェル「nyaos」

Windowsのコマンドプロンプトを使っていて、ストレスを感じているような話を聞いたので、「nyaos」を紹介するエントリーを書くことにした。 「nyaos」はWindows用のUnixライクなコマンドラインシェルだ。 …

Continue reading ‘Windows用のUnixライクなコマンドラインシェル「nyaos」’ »

C++BuilderのFiremonkeyアプリケーションで半透明の円を描画するには

C++BuilderのFiremonkeyアプリケーションでTimageコンポーネントに半透明の円を描画する方法を紹介します。 フォームにTImageを2つ配置します。 TImageのOnPaintイベントを追加します。 …

Continue reading ‘C++BuilderのFiremonkeyアプリケーションで半透明の円を描画するには’ »

Delphi/C++Builderで困ったときのアクセス先

Delphi/C++Builderで困ったときは、 掲示板やメーリングリストで質問するか、 Quality Portalで不具合報告や回避策を調べてみると、 解決に繋がるかもしれません。 掲示板 Embarcadero …

Continue reading ‘Delphi/C++Builderで困ったときのアクセス先’ »

Delphi 10 SeattleのFireMonkeyアプリケーションでTGridを使うサンプル

Delphi 10 SeattleのFireMonkeyアプリケーションでTGridを使うサンプルアプリケーションです。 セルに文字列を入力し、入力した文字列を表示します。 フォームにTGridを配置し、TGridにTS …

Continue reading ‘Delphi 10 SeattleのFireMonkeyアプリケーションでTGridを使うサンプル’ »

Delphiで変更可能な定数を使用するには

Delphiでは書き換えできる定数を使用できます。 次のコードは定数を書き換えています。 このコードはコンパイルエラーになります。 procedure F; const foo: Integer = 0; begin f …

Continue reading ‘Delphiで変更可能な定数を使用するには’ »

Delphi FireMonkeyアプリケーションで仮想キーボードを非表示にするには

Delphi FireMonkeyアプリケーションで仮想キーボードが表示中の時には非表示にする uses FMX.VirtualKeyboard; var Keyboard: IFMXVirtualKeyboardSer …

Continue reading ‘Delphi FireMonkeyアプリケーションで仮想キーボードを非表示にするには’ »

SaveStateでFireMonkeyの状態を保存するサンプル

Delphi XE7からFiremonkeyアプリケーションのフォームの状態を保存する機能を利用できるようになりました。 状態保存機能の使用例のサンプルです。 サンプルアプリケーション フォーム上にTEditを配置します …

Continue reading ‘SaveStateでFireMonkeyの状態を保存するサンプル’ »

オブジェクトをJSON文字列やTJSONObjectに変換する

TJson.ObjectToJsonStringを使うとオブジェクトをJSON文字列に TJson.ObjectToJsonObjectを使うとオブジェクトをTJSONObjectに 変換できます。 次のサンプルプログラ …

Continue reading ‘オブジェクトをJSON文字列やTJSONObjectに変換する’ »

C++Builder 10 Seattleでランタイムなしで動作するようにするには

C++Builderで作成したWindowsアプリケーションをランタイムなしで実行できるようにするには、次の設定を行います。 メニューから「プロジェクト」→「オプション」を選択し、プロジェクトオプションダイアログを表示し …

Continue reading ‘C++Builder 10 Seattleでランタイムなしで動作するようにするには’ »