FireMonkeyアプリケーションでヒントを使うときに関係するプロパティやイベント、関数など

Delphi 10 SeattleからFiremonkeyアプリケーションでコントロールにマウスオーバーしたときにヒントを表示できるようになりました。 ヒントはWindowsとMac OS X 10.10以降でサポートさ …

Continue reading ‘FireMonkeyアプリケーションでヒントを使うときに関係するプロパティやイベント、関数など’ »

DelphiのAndroidアプリケーションで、JavaのUIスレッドで処理を実行するには

Delphiでは、AndroidアプリケーションのJavaのUIスレッドで処理を実行するための関数がFMX.Helpers.Androidユニットに用意されています。 FMX.Helpers.Android.CallIn …

Continue reading ‘DelphiのAndroidアプリケーションで、JavaのUIスレッドで処理を実行するには’ »

Androidアプリでタッチした位置(座標)を取得する方法

Delphi Firemonkeyアプリケーションで画面をタッチすると、フォームのOnTouchイベントが発生します。 OnTouchイベントの引数Touchesを使用することで、タッチされた座標を取得できます。 マルチ …

Continue reading ‘Androidアプリでタッチした位置(座標)を取得する方法’ »

入力欄(TEdit)に入力された値をOnValidateイベントやOnValidatingイベントで検証する

Delphi Firemonkeyアプリケーションでは、TEditのOnValidatingイベントやOnValidateイベントで、入力された値を検証し、修正することができます。 引数のTextを変更することで、入力さ …

Continue reading ‘入力欄(TEdit)に入力された値をOnValidateイベントやOnValidatingイベントで検証する’ »

Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションでIntentの送受信をするには

Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションでIntentを受信する方法です。 以前に書いた「Delphi XE8のFiremoneky AndroidアプリケーションでIntentを受信するには」 …

Continue reading ‘Delphi 10 SeattleのAndroidアプリケーションでIntentの送受信をするには’ »

Delphi Firemonkeyアプリケーションでコントロールの位置(座標)を取得するには

Delphi Firemonkeyアプリケーションでは、コントロールのPositionプロパティは、親コンポーネント上のコントロールの位置を返します。 コントロールのLocalToAbsoluteメソッドは、フォーム上の …

Continue reading ‘Delphi Firemonkeyアプリケーションでコントロールの位置(座標)を取得するには’ »

パス区切り文字を取得するには

Delphiには、パス区切り文字を取得する機能が2つあります。 System.IOUtils.TPath.DirectorySeparatorChar System.SysUtils.PathDelim 値が決まるタイミ …

Continue reading ‘パス区切り文字を取得するには’ »

現在のロケール(en、 fr、ja など)を取得するには

現在のロケール(en、 fr、ja など)を取得するには、IFMXLocaleService.GetCurrentLangIDを使用します。 /// <summary> /// 現在のロケールを返します // …

Continue reading ‘現在のロケール(en、 fr、ja など)を取得するには’ »

C++11で数値と文字列の変換

C++11から数値と文字列の変換を簡単にできるようになりました。 数値を文字列に変換する 数値を文字列に変換するには「std::to_string」関数を使用します。 例:std::stringに変換する int val …

Continue reading ‘C++11で数値と文字列の変換’ »