SQLのCOUNT(*)とCOUNT(列名)では結果が異なる

NULLを含むとき、COUNT(*)とCOUNT(列名)では結果が異なります。 Col1 10 (NULL) 50 (NULL) 40 このようなTBL1テーブルを例にします。 COUNT(*)はNULL …

Continue reading ‘SQLのCOUNT(*)とCOUNT(列名)では結果が異なる’ »

数値の回数だけ処理を行うIntegerのレコードヘルパー

数値.Times(繰り返し行いたい処理) と書いたら、「繰り返し行いたい処理」を数値の回数だけ実行します。 たとえば、次のコードを実行すると、0から9までの数字が出力されます。 var N: Integer; begin …

Continue reading ‘数値の回数だけ処理を行うIntegerのレコードヘルパー’ »

Delphi XE8で正規表現を使って日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)を抽出するには

正規表現に次の文字を使用できます。 ひらがな…\p{Hiragana} カタカナ…\p{Katakana} 漢字…\p{Han} これを使うとひらがな・カタカナ・漢字を抽出できます。 program Project1; …

Continue reading ‘Delphi XE8で正規表現を使って日本語(ひらがな・カタカナ・漢字)を抽出するには’ »

Delphi XE8のFiremonkey AndriodアプリケーションでGmailに添付されたファイルを開くには

AndroidのGmailアプリで添付ファイルを開いたときに、Firemonkeyアプリケーションで内容を表示する方法です。 今回はCSVファイルを開くアプリケーションを作成します。 Android 4.4.2とAndr …

Continue reading ‘Delphi XE8のFiremonkey AndriodアプリケーションでGmailに添付されたファイルを開くには’ »

Delphi XE8のFiremoneky AndroidアプリケーションでIntentを受信するには

Delphi XE8のFiremoneky AndroidアプリケーションでIntentを受信する方法です。 Intentを送信するアプリケーション 最初に文字列をIntentで送信するサンプルプログラムを作成します。 …

Continue reading ‘Delphi XE8のFiremoneky AndroidアプリケーションでIntentを受信するには’ »

Delphi XE8 FireMonkey – TStringGridのセル(Cell)の描画をカスタマイズする

「Team Japan » FireMonkey – TStringGridのセル(Cell)の描画をカスタマイズする」をDelphi XE8で書き直してみました。 セルの描画をカスタマイズするに …

Continue reading ‘Delphi XE8 FireMonkey – TStringGridのセル(Cell)の描画をカスタマイズする’ »

Delphi XE8でFireMonkeyのグリッドで文字列を中央揃えで表示するには

Delphi XE8でFireMonkeyのグリッドのセルの表示をカスタマイズする方法を紹介します。 例としてセルの文字列を中央揃えで表示してみます。 FireMonkeyのグリッドの描画を変更するには、OnDrawCo …

Continue reading ‘Delphi XE8でFireMonkeyのグリッドで文字列を中央揃えで表示するには’ »