Delphi XE6/C++Builder XE6に対応済みのコンポーネントやツール

使用しているコンポーネントやツールで、Delphi XE6/C++Builder XE6に対応しているもの。 JCL/JVCL 豊富な便利関数やコンポーネントでおなじみのJCL/JVCLはXE6対応済み。 Jedi Co …

Continue reading ‘Delphi XE6/C++Builder XE6に対応済みのコンポーネントやツール’ »

Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ

Windows XPが終了して、Windows Vistaの新機能を気兼ねなく使用できるようになった。 ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する Windows Vista以降では …

Continue reading ‘Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ’ »

Delphi XE6/C++Builder XE6の修正リストのメモ

Delphi XE6/C++Builder XE6の修正リストより。 C++BuilderのX2~XE5で発生する「[ilink32 エラー] Error: 未解決の外部シンボル‘toupper’ が…の問題」(QC#9 …

Continue reading ‘Delphi XE6/C++Builder XE6の修正リストのメモ’ »

タスクダイアログ(TTaskDialog)を使うには

タスクダイアログ(TTaskDialog)の使い方をまとめました。 タスクダイアログ(TTaskDialog)はWindows Vista以降で使用できます。 Captionプロパティ・Titleプロパティ・Textプロ …

Continue reading ‘タスクダイアログ(TTaskDialog)を使うには’ »

Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる

フォーム(TForm)のGlassFrameプロパティを設定すると、Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせることができます。 GlassFrameプロパティのEnabledプロパティをTrueにするとグラス効果が有効 …

Continue reading ‘Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる’ »

編集ボックスに透かし文字を表示する

TEditやTComboBoxはTextHintを設定することで編集ボックスに透かし文字を表示することができます。 この機能はWindows Vista以降で使用できます。 最後に Windows Vistaから使えるV …

Continue reading ‘編集ボックスに透かし文字を表示する’ »

盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンを使うには

TButtonのプロパティを設定するだけで、普通のボタンが盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンになります。 Windows Vista以降でランタイムテーマが有効なときに使用できま …

Continue reading ‘盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンを使うには’ »

ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する

Windows Vista以降では、ヘッダーコントロールにチェックボックスを表示することができます。 ヘッダーコントロールにチェックボックスを表示するにはCheckBoxesプロパティをTrueにします。 HeaderC …

Continue reading ‘ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する’ »

FireDACでSQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された取得するには

SQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された値は、SQLiteのlast_insert_rowid関数を使って取得できます。 しかし、last_insert_rowid関数を使うとプログラムはSQL …

Continue reading ‘FireDACでSQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された取得するには’ »

FireDACの配列DMLでデータを一括登録する

配列DMLを使うと、DBMS間の通信量を減らしてSQLを効率よく実行できます。 AccessやSQLiteなど配列DMLをサポートしていないDBMSを使っている場合はFireDACが配列DMLの実行をエミュレートするので …

Continue reading ‘FireDACの配列DMLでデータを一括登録する’ »