Delphi XE6/C++Builder XE6に対応済みのコンポーネントやツール

使用しているコンポーネントやツールで、Delphi XE6/C++Builder XE6に対応しているもの。 JCL/JVCL 豊富な便利関数やコンポーネントでおなじみのJCL/JVCLはXE6対応済み。 Jedi Co …

Continue reading ‘Delphi XE6/C++Builder XE6に対応済みのコンポーネントやツール’ »

Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ

Windows XPが終了して、Windows Vistaの新機能を気兼ねなく使用できるようになった。 ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する Windows Vista以降では …

Continue reading ‘Windows Vista以降で使用できるVCLの機能のまとめ’ »

Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる

フォーム(TForm)のGlassFrameプロパティを設定すると、Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせることができます。 GlassFrameプロパティのEnabledプロパティをTrueにするとグラス効果が有効 …

Continue reading ‘Aeroのグラス効果でウィンドウを透けさせる’ »

盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンを使うには

TButtonのプロパティを設定するだけで、普通のボタンが盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンになります。 Windows Vista以降でランタイムテーマが有効なときに使用できま …

Continue reading ‘盾アイコン(シールドアイコン)ボタン・コマンドリンクボタン・スプリットボタンを使うには’ »

ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する

Windows Vista以降では、ヘッダーコントロールにチェックボックスを表示することができます。 ヘッダーコントロールにチェックボックスを表示するにはCheckBoxesプロパティをTrueにします。 HeaderC …

Continue reading ‘ヘッダーコントロール(THeaderControl)にチェックボックスを表示する’ »

FireDACでSQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された取得するには

SQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された値は、SQLiteのlast_insert_rowid関数を使って取得できます。 しかし、last_insert_rowid関数を使うとプログラムはSQL …

Continue reading ‘FireDACでSQLiteデータベースのAUTOINCREMENT列に登録された取得するには’ »

FireDACの配列DMLでデータを一括登録する

配列DMLを使うと、DBMS間の通信量を減らしてSQLを効率よく実行できます。 AccessやSQLiteなど配列DMLをサポートしていないDBMSを使っている場合はFireDACが配列DMLの実行をエミュレートするので …

Continue reading ‘FireDACの配列DMLでデータを一括登録する’ »