DelphiでZIPファイルを作成するには

TZipFileクラス ZIPファイルを作成するには、System.ZipユニットのTZipFileクラスを使用します。 uses System.Zip; ファイルを開く Openメソッドで作成するZIPファイルのファイ …

Continue reading ‘DelphiでZIPファイルを作成するには’ »

Delphi/C++BuilderのIDE終了時にdexplorer.exeを終了してくれるDDevExtensions

Delphi/C++BuilderではヘルプシステムにMicrosoft Document Explorerが使用されている。 このMicrosoft Document Explorerが問題で、IDEを終了してもMic …

Continue reading ‘Delphi/C++BuilderのIDE終了時にdexplorer.exeを終了してくれるDDevExtensions’ »

Delphiで2つのTDateTime値の間隔を取得するには

System.DateUtilsに2つのTDateTime値の間隔を取得する関数が用意されています。 uses System.DateUtils; System.DateUtils.MilliSecondsBetween …

Continue reading ‘Delphiで2つのTDateTime値の間隔を取得するには’ »

C++Builderのコードエディタが折りたためる領域を設定するには

#pragma指令の#pragma regionと#pragma end_regionはコードエディタの折りたたみ可能な領域の表示を制御します。 (参考:#pragma region と #pra …

Continue reading ‘C++Builderのコードエディタが折りたためる領域を設定するには’ »

Delphi XE3/C++Builder XE3ユーザーはXE4にアップデートしてからXE5を買った方が安いらしいので、価格を調べてみました。

Delphi XE3 ユーザが XE4 にしたい場合には、一旦 6,300円のアップデートで XE4 にしてから XE5 にすれば安く付く。XE4 は未だ現行製品だからだ。#delphi_jp— DEKO ( …

Continue reading ‘Delphi XE3/C++Builder XE3ユーザーはXE4にアップデートしてからXE5を買った方が安いらしいので、価格を調べてみました。’ »

Delphiで文字列の長さを取得するには?

文字列の長さ(文字列中の文字の数)は、SystemユニットのLength関数やSystem.SysUtilsユニットのTStringHelper.Lengthプロパティで取得することができる。 # TString …

Continue reading ‘Delphiで文字列の長さを取得するには?’ »

Delphiのコードエディタが折りたためる領域を設定するには

コンパイラ指令のREGION指令はコードエディタの折りたたみ可能な領域の表示を制御します。 REGION指令とENDREGION指令で囲まれた範囲は、折りたたみ可能な領域になります。 折りたたんだときに表示されるメッセー …

Continue reading ‘Delphiのコードエディタが折りたためる領域を設定するには’ »

Delphiでディスプレイの解像度を取得するには?

ディスプレイの解像度を取得するには? ディスプレイの解像度を取得する方法です。 Delphi XE3で確認しました。 VCLアプリケーションの場合 TScreenクラスはアプリケーション実行時の画面状態を表します。 TS …

Continue reading ‘Delphiでディスプレイの解像度を取得するには?’ »

FirebirdのINSERT文で追加されたIDを取得するには

Firebird 2.0以降では、INSERT文にRETURNING句を加えることで、追加されたIDを取得できます。 INSERT INTO t1 (id, …) VALUES (next value for gen …

Continue reading ‘FirebirdのINSERT文で追加されたIDを取得するには’ »

Delphiでパス文字列を結合する関数を作ってみる

Delphiには2つのパス文字列を結合するSystem.IOUtils.TPath.Combine関数がある。 Path := TPath.Combine(‘C:\alice\bob’, ‘carol’); //=&gt …

Continue reading ‘Delphiでパス文字列を結合する関数を作ってみる’ »