[C++Builder]リストビューのカーソルの位置にある項目を取得する

ListView_SubItemHitTest関数を使用すると、指定した位置にある項目の行番号と列番号を取得できます。 LVHITTESTINFO構造体のPOINT型のptにカーソル位置の座標を設定します。 LVHITT …

Continue reading ‘[C++Builder]リストビューのカーソルの位置にある項目を取得する’ »

[C++Builder] TListの項目が削除されたときに、自動的にメモリを解放するには

TListは項目が変更(追加・削除・抽出)されたときにNotifyメソッドが呼ばれます。 TListクラスを継承してNotifyメソッドを上書きすれば、項目が変更されたときに様々な処理を行うことができます。 次のTLis …

Continue reading ‘[C++Builder] TListの項目が削除されたときに、自動的にメモリを解放するには’ »