VerToDateTime関数で手軽に日付文字列をTDateTime型に変換する

VerToDateTime関数を使うといろいろな書式の日付文字列をTDateTime型に変換できます。 #include <array> #include <boost/foreach.hpp> …

Continue reading ‘VerToDateTime関数で手軽に日付文字列をTDateTime型に変換する’ »

C++Builder XE3でSQLiteを使ってみた。

RAD Studio XE3 Hotfix 3によってProfessional editionでSQLiteが使えるようになったので、試してみました。 Pythonでサンプルのデータベースファイルを作成します。 作成した …

Continue reading ‘C++Builder XE3でSQLiteを使ってみた。’ »

C++Builder XE3で「[ilink32 エラー] Error: 未解決の外部シンボル ‘toupper’ が C:\~\RTL.LIB|System.RegularExpressionsAPI から参照されています」を回避する方法

C++Builder XE3でコンパイルすると次のエラーが発生した時の回避方法がQualityCentralに登録されていました。 [ilink32 エラー] Error: 未解決の外部シンボル ‘toupp …

Continue reading ‘C++Builder XE3で「[ilink32 エラー] Error: 未解決の外部シンボル ‘toupper’ が C:\~\RTL.LIB|System.RegularExpressionsAPI から参照されています」を回避する方法’ »

あふwでVimを使う時の設定

あふwでVimを使う時の設定。 備忘録です。 「z」キーを押してあふw設定画面を表示する 「プログラム(6)」選択する 「エディタ」欄にgvim.exeの場所と引数を入力する …\gvim.exe -p –remote …

Continue reading ‘あふwでVimを使う時の設定’ »

C++Builder XE3でバルーンヒントを使用する

C++Builder XE3でバルーンヒントを使用してみました。 フォームにTEdit・TBalloonHint・TImageListを配置します。 Edit1のHintプロパティに値を設定します。 「F9」キーを押して …

Continue reading ‘C++Builder XE3でバルーンヒントを使用する’ »

C++Builder XE3でスプリットボタン(分割ボタン)を使用する

TButtonのStyleプロパティをbsSplitButtonにすると、ドロップダウンメニューのあるVistaスタイルのスプリットボタンになります。 フォームにTButtonとTPopupMenuを配置します。 But …

Continue reading ‘C++Builder XE3でスプリットボタン(分割ボタン)を使用する’ »

C++Builder XE3でVCLスタイルを使ってみる

C++Builder XE3でVCLスタイルを使ってみました。 よく使うコンポーネントをフォームに適当に配置します。 メニューの「プロジェクト」→「オプション」を選択して、プロジェクトオプションを 表示します。 「アプリ …

Continue reading ‘C++Builder XE3でVCLスタイルを使ってみる’ »

HTML5 BuilderのCSS3 Property Editorでボタンのデザインを編集してみる

HTML5 BuilderのCSS3 Property Editorでボタンのデザインを編集してみました。 ボタンを配置します。 オブジェクトインスペクタで、「BorderRadius」プロパティの「…」ボタ …

Continue reading ‘HTML5 BuilderのCSS3 Property Editorでボタンのデザインを編集してみる’ »

HTML5Builderでajaxを使用する

■HTML5Builderでajaxを使用する方法 HTML5Builderでajaxを使用する方法を紹介します。 ajaxを使用するポイントは次の2点です。 PageのUseAjaxプロパティをtrueにします。 tr …

Continue reading ‘HTML5Builderでajaxを使用する’ »

Delphiで数値の形式を国際化に対応する

Windowsでは地域の設定によって小数点や桁区切りの記号が異なります。 また利用者が自由に記号を変更することも可能です。 アプリケーションを国際化に対応する場合は、数値の形式を意識する必要があります。 先日、私が対応し …

Continue reading ‘Delphiで数値の形式を国際化に対応する’ »