DelphiでRAII その2

Delphiのインターフェースを使うと、参照カウントが0になったオブジェクトは自動で破棄されます。 この機能を使って、変数がスコープを離れた時にリソースを返却するRAIIを実現できます。 今回はスコープを離れたら自動的に …

Continue reading ‘DelphiでRAII その2’ »