mlang.dllのConvertINetString関数を使った文字コードの変換

mlang.dllのConvertINetString関数を使った文字コードを変換するサンプル C++ Builder 2009を使いました。 _TCHARのマップ先は「wchar_t」に設定しています。 …

Continue reading ‘mlang.dllのConvertINetString関数を使った文字コードの変換’ »

Mail Export Tool バージョン0.7.8をリリースしました

Mail Export Tool バージョン0.7.8をリリースしました。 Mail Export Tool 今回のバージョンアップでは、不具合を1つ修正しました。 先日のD2のバージョンアップで修正した不具合と同じもの …

Continue reading ‘Mail Export Tool バージョン0.7.8をリリースしました’ »

D2 バージョン2.2.5をリリースしました

D2 バージョン2.2.5をリリースしました。 D2 メール自動データベース変換ソフトのダウンロード 今回のバージョンアップでは次の2つの不具合を修正しました。 ファイルサイズの大きいUnix mbox形式のファイルを開 …

Continue reading ‘D2 バージョン2.2.5をリリースしました’ »

GitとMercurial、どちらを使うべきか

GitとMercurialのどちらを使えばいいかを考えるときに、参考になる記事。 というわけで、gitを運用するのは諦めることにしました。んで、どういう人がgitを使ってはいけないか、独断と偏見でまとめてみると・・・ G …

Continue reading ‘GitとMercurial、どちらを使うべきか’ »

EurekaLog導入後

約3ヶ月前に「EurekaLog導入レポート」の記事を書いてから、その後について。 最近1週間で立て続けに3件のバグ報告をいただきました。 それで、あらためてEurekaLogの偉大さを確認しました。 EurekaLog …

Continue reading ‘EurekaLog導入後’ »

Railsの思想

「“Railsという現象”とコミュニティの性質」で、Rails開発者がRailsの思想について語っている部分が興味深い。 以前に書いた記事「Rubyの後方互換性の低さは、Rubyの良さである。」と同じようなものだけど。 …

Continue reading ‘Railsの思想’ »

C++Builder Tipsに「C++Builder2009とIndy10でメール送信」を追加しました

C++Builder Tipsに「C++Builder2009とIndy10でメール送信」を追加しました。 C++Builder Tips「C++Builder2009とIndy10でメール送信」 このTipsは以下のペ …

Continue reading ‘C++Builder Tipsに「C++Builder2009とIndy10でメール送信」を追加しました’ »

エラーメールから宛先不明のメールアドレスを取り出したい

メールマガジンを発行していると、宛先不明のエラーメールがたくさん返ってくるようになります。 そのようなメールアドレスにはメールを送らないようにするには、エラーメールからメールアドレスを取り出して、メールマガジンを解除する …

Continue reading ‘エラーメールから宛先不明のメールアドレスを取り出したい’ »