Google App Engine用フレームワークKayでパフォーマンス測定ツール「Appstats」を使用する

Google App Engineに用意されているパフォーマンス測定ツール「Appstats」をKayで使用する方法を紹介します。 kay-framework Appstats for Python – Go …

Continue reading ‘Google App Engine用フレームワークKayでパフォーマンス測定ツール「Appstats」を使用する’ »

Google App Engine Version 1.3.6の新機能

Google App Engine Version 1.3.6の新機能を開発環境で試しました。 サンプルコードはKay-Frameworkを使用しています。 (1)Results of datastore count() …

Continue reading ‘Google App Engine Version 1.3.6の新機能’ »

Kayのログインフォームをカスタマイズする(2) 文言の日本語化する

前回の記事「Kayのログインフォームをカスタマイズする(1) 継承元のテンプレートファイルを変更する « 山本隆の開発日誌」の続き。 Google App Engine用フレームワークKayのデータストアを利 …

Continue reading ‘Kayのログインフォームをカスタマイズする(2) 文言の日本語化する’ »

Kayのログインフォームをカスタマイズする(1) 継承元のテンプレートファイルを変更する

Google App Engine用フレームワークKayのデータストアを利用した認証を使用したときのログインフォームをカスタマイズする方法を紹介します。 認証機能を有効にする Kayでデータストアを利用した認証を使うとき …

Continue reading ‘Kayのログインフォームをカスタマイズする(1) 継承元のテンプレートファイルを変更する’ »

Google App Engine用フレームワークKayで@login_required の付いた関数のテスト方法

Google App Engine用フレームワークKayで@login_required の付いた関数をテストする方法。 Kayにはテストでログイン状態の設定を簡単に行うことが出来る機能が用意されています。 「Clien …

Continue reading ‘Google App Engine用フレームワークKayで@login_required の付いた関数のテスト方法’ »

Google App Engine用フレームワークKayのflash機能を使う

Google App Engine用フレームワークKayのソースコードを眺めていたら、flash機能を発見しました。 flash機能は値を一度だけ取り出すことが出来るセッションのようなもの。 普通のセッション変数は削除す …

Continue reading ‘Google App Engine用フレームワークKayのflash機能を使う’ »

KayのRESTfull APIでデータを追加する

Google App Engine用フレームワークKayを使ったWebアプリケーションに、RESTfull APIを使ってデータを追加する方法を紹介します。 最初に、Kayを使ったWebアプリケーションを作成して、RES …

Continue reading ‘KayのRESTfull APIでデータを追加する’ »

Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる

Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる方法。 今回の例ではGoogle App Engine用フレームワークKayを使用しています。 CSVファイルを作成する …

Continue reading ‘Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる’ »

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる方法。 「Google App Engine(Python)用フレーム …

Continue reading ‘Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる’ »