KayのRESTfull APIでデータを追加する

Google App Engine用フレームワークKayを使ったWebアプリケーションに、RESTfull APIを使ってデータを追加する方法を紹介します。 最初に、Kayを使ったWebアプリケーションを作成して、RES …

Continue reading ‘KayのRESTfull APIでデータを追加する’ »

Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる

Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる方法。 今回の例ではGoogle App Engine用フレームワークKayを使用しています。 CSVファイルを作成する …

Continue reading ‘Google App Engine(Python)で動的にCSVファイルを作成してダウンロードさせる’ »

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる方法。 「Google App Engine(Python)用フレーム …

Continue reading ‘Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にExcelファイルを作成してZIP形式で圧縮しダウンロードさせる’ »

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にZIP形式で圧縮してダウンロードさせる

Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にZIP形式で圧縮してダウンロードさせる方法。 フレームワークにKayを使用していますが、処理の内容はKayに依存しません。 webap …

Continue reading ‘Google App Engine(Python)用フレームワークKayを使い、動的にZIP形式で圧縮してダウンロードさせる’ »

Pythonでdictを名前付き引数構文で呼ぶとキーを引用符で囲まなくていい

dictを名前付き引数構文で呼ぶとキーを引用符で囲まなくていい。 通常はディクショナリを構築するときは、次のようにキーを引用符で囲みます。 data = {‘tic’: 1, ‘tac’: 2, ‘toe’: 3} di …

Continue reading ‘Pythonでdictを名前付き引数構文で呼ぶとキーを引用符で囲まなくていい’ »

Pythonでエンコーディングで使用できない文字を文字実体参照に変換する

エンコーディングで使用できない文字を文字実体参照に変換する方法。 htmlentitydefs.codepoint2nameを使うと、ユニコード文字のコードポイントをHTMLのエンティティ名に変換することができます。 f …

Continue reading ‘Pythonでエンコーディングで使用できない文字を文字実体参照に変換する’ »