ES2015 (ES6)の関数の引数にデフォルト値を指定する

ES2015 (ES6)では、関数の引数にデフォルト値を指定できます。 function func(a=100, b=200) { console.log(a); console.log(b); } func(30); …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)の関数の引数にデフォルト値を指定する’ »

ES2015 (ES6)の分割代入を使う

分割代入は、変数の要素やオブジェクトの値を展開して、個別の変数に代入する構文です。 配列を分割代入 let [a, b] = [1, 2]; console.log(a); //=> 1 console.log(b …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)の分割代入を使う’ »

ES2015 (ES6)のSymbolを使う

シンボルを作る シンボルはSymbolコンストラクタで生成します。 const FOO = Symbol(); const BAR = Symbol(); Symbolコンストラクタは、引数に文字列を受け取ることができま …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)のSymbolを使う’ »

ES2015 (ES6)のテンプレート文字列(Template Strings)を使う

Template Stringsはバッククォートでくくる 普通の文字列はシングルクォート(‘)やダブルクォート(“)で文字列をくくりますが、テンプレート文字列はバッククォート(`)で文字列をくくり …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)のテンプレート文字列(Template Strings)を使う’ »

ECMAScript 2015(ES6)のletとconstについて

ECMAScript 2015 (ES6)のletとconstについて varとlet,constのスコープについて varを使って宣言した変数のスコープは、関数またはグローバルになります。 { var x = ‘Hel …

Continue reading ‘ECMAScript 2015(ES6)のletとconstについて’ »

google-code-prettifyでソースコードを色づけする

google-code-prettifyは、ソースコードをきれいに表示してくれるJavaScriptのライブラリです。 一番簡単な使い方は、次のコードを追加します。 <script src=”https://cdn …

Continue reading ‘google-code-prettifyでソースコードを色づけする’ »

Linux Mint 17.3にnode.jsをインストールする

node.jsを直接インストールせず、node.jsのバージョン管理ソフトnodebrewを使ってnode.jsをインストールする。 nodebrewのインストール 公式サイトを参考にしてインストールする GitHub …

Continue reading ‘Linux Mint 17.3にnode.jsをインストールする’ »

JavaScriptの既存オブジェクトを変更しない

『メンテナブルJavaScript ―読みやすく保守しやすいJavaScriptコードのための作法』より。 Prototype JavaScript Framework(prototype.js)は、既存のオブジェクトに …

Continue reading ‘JavaScriptの既存オブジェクトを変更しない’ »

JavaScriptからCSSを隔離する

ある要素のスタイルをJavaScriptで変更する必要があるとき、CSSクラスを操作するのが最善です。 『メンテナブルJavaScript ―読みやすく保守しやすいJavaScriptコードのための作法』より。 Styl …

Continue reading ‘JavaScriptからCSSを隔離する’ »