Visual Studio CodeでESLintを使う

eslintをインストールする ESLintがインストールされていない場合は、コマンドプロンプトから次のコマンドを実行して、ESLintをインストールします。 npm install -g eslint ESLintがイ …

Continue reading ‘Visual Studio CodeでESLintを使う’ »

VisualStudioCodeでJavaScriptのプログラムをデバッグする

Visual Studio Codeを使って、JavaScriptのプログラムをデバッグできるようになるまでの設定を紹介します。 Visual Studio CodeにはJavaScriptの開発を支援する機能がはじめか …

Continue reading ‘VisualStudioCodeでJavaScriptのプログラムをデバッグする’ »

Windowsにnode.jsをインストールする

Windowsにnode.jsをインストールするには、nodistを使用します。 nodistは、Windows用のnode.jsバージョン管理ツールです。 node.jsはバージョンアップの速度が速いため、バージョン管 …

Continue reading ‘Windowsにnode.jsをインストールする’ »

JavaScriptでCSV文字列をHTMLのTableタグに変換する

CSV文字列をHTMLのTableタグに手軽に変換したかったのですが、 簡単にできるWebページが見つからなかったので作ってみました。 JavaScriptでCSV文字列をHTMLのTableタグに変換する なかなか便利 …

Continue reading ‘JavaScriptでCSV文字列をHTMLのTableタグに変換する’ »

Googleカレンダーに予定を登録するリンクを作成するJavaScript

Webセミナーの予定をGoogleカレンダーに登録するのが面倒なので、簡単に登録する方法を模索中。 ひとまず、Googleカレンダーに予定を登録するリンクを作成するJavaScriptを作成してみた。 予定に合わせて変数 …

Continue reading ‘Googleカレンダーに予定を登録するリンクを作成するJavaScript’ »

JavaScriptの関数で不特定多数の引数を受け取る

JavaScriptの関数で不特定多数の引数を受け取る argumentsは、JavaScriptの関数内で使用できるオブジェクト。 このargumentsを使うと、関数に渡されたすべての引数を取得することができる。 f …

Continue reading ‘JavaScriptの関数で不特定多数の引数を受け取る’ »

JavaScriptのsetIntervalやsetTimeoutには文字列でなく関数を渡そう

JavaScriptのsetIntervalやsetTimeoutは、1番目の引数には実行する処理を文字列か関数で指定する。 function printTime() { … } //文字列で指定する例 setInter …

Continue reading ‘JavaScriptのsetIntervalやsetTimeoutには文字列でなく関数を渡そう’ »

JavaScriptのparseIntで文字列を整数に変換するときは基数を指定しよう

JavaScriptのparseIntで文字列を整数に変換するときは基数を指定しよう。 parseIntは文字列を整数に変換する。 parseInt(‘123’); //=> 123 parseInt(‘3.14’ …

Continue reading ‘JavaScriptのparseIntで文字列を整数に変換するときは基数を指定しよう’ »

JavaScriptの配列の要素を削除する(delete演算子とspliceメソッド)

JavaScriptの配列の要素を削除する方法を紹介する。 delete演算子 delete演算子を使うと、削除した要素の値が「undefined」になる。 要素の数は変わらない。 numbers = [‘zero’,’ …

Continue reading ‘JavaScriptの配列の要素を削除する(delete演算子とspliceメソッド)’ »