ES2015 (ES6)の分割代入を使う

分割代入は、変数の要素やオブジェクトの値を展開して、個別の変数に代入する構文です。 配列を分割代入 let [a, b] = [1, 2]; console.log(a); //=> 1 console.log(b …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)の分割代入を使う’ »

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでTStringGridでカスタムエディタを使用する

TStringGridのセルに入力するエディタをカスタマイズする方法を紹介します。 TStringGridでカスタマイズしたエディタを使用するには エディタをカスタマイズするには、TStringGridのOnCreate …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでTStringGridでカスタムエディタを使用する’ »

ES2015 (ES6)のSymbolを使う

シンボルを作る シンボルはSymbolコンストラクタで生成します。 const FOO = Symbol(); const BAR = Symbol(); Symbolコンストラクタは、引数に文字列を受け取ることができま …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)のSymbolを使う’ »

Delphi iOSアプリケーションでネイティブコントロールの上に画像を表示する

FireMonkeyのコントロールはネイティブコントロールの上に表示することができません。 Delphi iOSアプリケーションでネイティブコントロールの上に画像を表示するために ネイティブコントロールのUIImageV …

Continue reading ‘Delphi iOSアプリケーションでネイティブコントロールの上に画像を表示する’ »

ES2015 (ES6)のテンプレート文字列(Template Strings)を使う

Template Stringsはバッククォートでくくる 普通の文字列はシングルクォート(‘)やダブルクォート(“)で文字列をくくりますが、テンプレート文字列はバッククォート(`)で文字列をくくり …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)のテンプレート文字列(Template Strings)を使う’ »

DelphiのiOSアプリで、URLスキームでアプリを起動する、アプリがなければウェブサイトを開く

sharedApplicationのcanOpenURLメソッドで、アプリをURLスキームで起動できるか調べます。 起動できるときはsharedApplicationのopenURLメソッドでアプリを起動します。 アプリ …

Continue reading ‘DelphiのiOSアプリで、URLスキームでアプリを起動する、アプリがなければウェブサイトを開く’ »

ECMAScript 2015(ES6)のletとconstについて

ECMAScript 2015 (ES6)のletとconstについて varとlet,constのスコープについて varを使って宣言した変数のスコープは、関数またはグローバルになります。 { var x = ‘Hel …

Continue reading ‘ECMAScript 2015(ES6)のletとconstについて’ »

LinuxMintで画面をロックしないように設定をする

パソコンを一定時間使用しないと、画面がロックされ、ロックを解除するためにパスワードを入力することになります。 Linux Mint 17.3で画面をロックしないようにするには、次の手順で設定します。 「メニュー」→「設定 …

Continue reading ‘LinuxMintで画面をロックしないように設定をする’ »

DelphiでiOSの端末の情報を取得する

実行中の端末がiPhoneとiPadのどちらであるかを取得する FMX.Helpers.iOSユニットにあるIsPhone関数とIsPadを使用します。 uses FMX.Helpers.iOS; procedure T …

Continue reading ‘DelphiでiOSの端末の情報を取得する’ »