JavaScriptの既存オブジェクトを変更しない

『メンテナブルJavaScript ―読みやすく保守しやすいJavaScriptコードのための作法』より。 Prototype JavaScript Framework(prototype.js)は、既存のオブジェクトに …

Continue reading ‘JavaScriptの既存オブジェクトを変更しない’ »

Androidのアプリ(apkファイル)を抽出して、証明書を確認する

Androidのアプリ(apkファイル)を抽出して、証明書を確認するメモ。 端末にインストールされているアプリ(apkファイル)を抽出する Google Playでそのアプリのページを開き、URLからパッケージ名を確認し …

Continue reading ‘Androidのアプリ(apkファイル)を抽出して、証明書を確認する’ »

Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する

ユニコードには結合文字というものが存在します。 たとえば「が」という文字の表現方法には、一文字で「が」と表現する方法と、「か」+「゛」のように濁点を結合する方法があります。 日本語以外でも結合文字は使われています。たとえ …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでファイルシステムにあわせてUnicode正規化する’ »

JavaScriptからCSSを隔離する

ある要素のスタイルをJavaScriptで変更する必要があるとき、CSSクラスを操作するのが最善です。 『メンテナブルJavaScript ―読みやすく保守しやすいJavaScriptコードのための作法』より。 Styl …

Continue reading ‘JavaScriptからCSSを隔離する’ »

Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには

Delphi 10.1 Berlinから、IFMXWindowService.GetWindowScaleは非推奨になりました。 これまでは次のようにして、ウィンドウのスケールを取得していました。 procedure T …

Continue reading ‘Delphi 10.1 Berlinでウィンドウのスケールを取得するには’ »

strictモードはグローバルスコープで指定しない

グローバルスコープに”use strict”を指定するのは一般には避けることが推奨されています。 『メンテナブルJavaScript ―読みやすく保守しやすいJavaScriptコードのための作法 …

Continue reading ‘strictモードはグローバルスコープで指定しない’ »

Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う

TurboPackのDOSCommandコンポーネントは、バッチファイルを実行し、出力された文字を受け取ることができるコンポーネントです。 VCLアプリケーションとFireMonkeyアプリケーションの両方で使用できます …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでDOSCommandコンポーネントを使う’ »

Visual Studio CodeでESLintを使う

eslintをインストールする ESLintがインストールされていない場合は、コマンドプロンプトから次のコマンドを実行して、ESLintをインストールします。 npm install -g eslint ESLintがイ …

Continue reading ‘Visual Studio CodeでESLintを使う’ »

MSBuildを使ってDelphi 10.1 Berlinのプロジェクトをビルドする

環境設定 コマンドプロンプトから次のバッチファイルを実行すると、MSBuildを使用するための環境が設定されます。 call “C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\18.0 …

Continue reading ‘MSBuildを使ってDelphi 10.1 Berlinのプロジェクトをビルドする’ »