Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでスタイルをリソースから読み込んで適用する

Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでスタイルをリソースから読み込んで適用するサンプルアプリケーションです。 FireMonkey Premium Styles Pack for R …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのFireMonkeyアプリケーションでスタイルをリソースから読み込んで適用する’ »

Delphi 10.1 BerlinでTGridを継承したクラスを作成するには

Delphi 10.1 BerlinでTGridを継承したクラスを作成するには Delphi 10.1 BerlinでTGridを継承した次のようなクラスを作成しました。 type TMyGrid = class(TGr …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinでTGridを継承したクラスを作成するには’ »

Visual Studio CodeでHTMLを整形するには

Visual Studio CodeでHTMLを整形するには「Shift+Alt+F」キーを押します。 範囲を選択している場合は選択範囲を、選択していない場合はコード全体を整形します。 次のようなコードに対して、 「Sh …

Continue reading ‘Visual Studio CodeでHTMLを整形するには’ »

Delphi 10.1 BerlinのFireMonekyアプリケーションで実行中のOSを(Windows/OSX/Android/iOS)を取得する

Delphi 10.1 BerlinのFireMonekyアプリケーションで実行中のOSを(Windows/OSX/Android/iOS)を取得する 実行中のプラットフォームはTOSVersionレコードのPlatfo …

Continue reading ‘Delphi 10.1 BerlinのFireMonekyアプリケーションで実行中のOSを(Windows/OSX/Android/iOS)を取得する’ »

PNGファイルをWindows/OS X/Android/iPhone/iPad用アイコンのサイズに変更するWebアプリ

PNGファイルをWindows/OS X/Android/iPhone/iPad用アイコンのサイズに変更するWebアプリを作りました。 ひとまず動作するようになったので公開します。 Application Icon Re …

Continue reading ‘PNGファイルをWindows/OS X/Android/iPhone/iPad用アイコンのサイズに変更するWebアプリ’ »

Delphi 10.1 Berlinのスタイルを使い方の備忘録

Delphi 10.1 Berlinのスタイルを使い方の備忘録 登録されているスタイルを取得する uses FMX.Styles; // 登録されているスタイルを列挙します。 TStyleManager.EnumStyl …

Continue reading ‘Delphi 10.1 Berlinのスタイルを使い方の備忘録’ »

ES2015 (ES6)の関数の引数にデフォルト値を指定する

ES2015 (ES6)では、関数の引数にデフォルト値を指定できます。 function func(a=100, b=200) { console.log(a); console.log(b); } func(30); …

Continue reading ‘ES2015 (ES6)の関数の引数にデフォルト値を指定する’ »